九州の渓流でエノハ(ヤマメとアマゴ)を探して彷徨います。地元情報の発信も♪

渓流茶房エノハ亭 

「06-14 渓流釣行記録」 一覧

大分川水系支流の芹川、阿蘇野川、七瀬川で、コソコソとエノハ釣り!

大分川水系の七瀬川、阿蘇野川、芹川、花合野川、由布川の状況調査 ~2010年第3話~ 1日ゆっくりと渓流に入り浸ることができる。 そんな時間が取れないために、3時間ほど釣りができる隙間を見つけ出しては ...

アマゴ尺手前のちハヤ竿昇天、からのニジマス良型の乱舞

肩の神経痛を別府温泉巡りで治し、アマゴとニジマスの良型を探す! ~2010年第2話~ 先日、肩の神経痛に悩まされた時期があった。何がなんだか分からないのだが、左肩から二の腕にかけての筋というかそこらが ...

2010年渓流釣り解禁は、大分川のアマゴ狙い

アマゴかヤマメで悩んだ挙句、渓流釣り解禁は大分川へ ~2010年第1話~ ブログ(旧版)にもあれこれと釣行の解禁釣行妄想を書き連ねていたが、同行予定だったチンの字と話したうえで、折衷案として少し開けた ...

アマゴの良型踊る秋の大分川 季節の装いに彩られたエノハ

良型アマゴの数釣りを楽しんだ、秋の大分川 ~2006年第6話~ さて、とこの頃を思い返してみる。今一つはっきりしないが、写真だけはある。 同行者はいつものチンの字に、宮崎のW君を加えた3人だった。 秋 ...

国東半島の磯遊びから大分川の峡谷深部でアマゴ

涼を求めて、大分県国東の瀬で根魚とウニそして峡谷の中へ ~2006年第5話~ 夏と云えば、定番は海水浴か! 泳ぎの今ひとつ得意でないおいらは、海水浴に人を誘うことはなかった。 ところが、渓流が呼んでい ...

大野川の大物アマゴはスプーンで! 尺二寸には届かず

筑後川から大分川、最後に大野川のアマゴへと漂流した日 ~2006年第4話~ 「明日はヤマメやけんな! ルアーも準備しといてな^^」 そういって切れた電話。相手はモチロンの憧渓さんだった。 『アマゴじゃ ...

九州の赤榎葉魚を釣って、四国のアメゴを思い浮かべる日々

くっきりとした朱点を持つ九州の赤榎葉魚は何処に♪ ~2006年第3話~ 今回(5月中旬)の釣行に至るまで、朱点が無いもしくは薄すぎる赤榎葉魚ちゃんばかりのおいら。ん…?、渓流釣りに浸った高知の渓流の朱 ...

北川と大分川のエノハを求めて源流部へと進む

エノハ生息確認に入ったのは大分川、北川の源流部 ~2006年第2話~ 最近は相方のチンの字も忙しくなり、2人の日取りが中々合わない。それを何とかやりくりすると、午前中のみ同行する日程が取れたので出撃を ...

「エノハの渓へ」から「渓流茶房エノハ亭」移行前後

「エノハ亭」開始前後のお話なのであります。 ~2006年第1話~ 2005年の9月のこと、「もう少し釣りに行ける仕事にしなければ!」そんな意気込みで仕事を変えてしまった。今考えてみると、これがいけなか ...

Copyright© 渓流茶房エノハ亭  , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.