入門者・初心者の渓流釣りマニュアル

入門者・初心者の渓流釣りマニュアル渓流釣りの手引き

渓流釣りを始める方や初心者のためのマニュアル記事一覧。

小道具や装備に釣り具、各種釣り方とその仕掛け、用語など、渓流で遊ぶための手引きとなる情報を詰め込んでます。特に餌や疑似餌などの釣り方を問わず、役立つように心がけています。
最初は誰でも期待と不安が一杯ですが、ここを読めば大丈夫なはず♪

また、経験の長い方でも知識の再確認となり、新たな釣り方や道具に手を出すための方針やヒントになれば嬉しいですね。

餌釣り、毛ばりにフライ、ルアーと分かれているようですが、渓流釣りで狙う魚は一緒^^ 沢を歩いてエノハの前にどう針を通すか、それだけであるんである♪

渓流釣りの手引き

急激に川の水位は増え、足元の岩は崩れることを知っておこう

急な増水に滑落、落石は山深い上流域の釣り場だけでなく、中・下流域にても起き得るもの。筆者の体験談と共に、危険性を知り、回避・安全のための方策をとり、渓流釣りを楽しみましょう。
渓流釣りの手引き

渓流にある転倒の危険 事故に遭わないための行動を

渓流釣りの危険は多種にわたるのですが、まずは入渓場所を問わずに起き得る転倒について見てみましょう。筆者自身も「あの時は真剣危なかった経験談」を交えた再確認をしつつ、これらの回避や行動について一緒に考えてまいります。
渓流釣りの手引き

渓流釣りのマナーそして心構え

渓流釣りのマナーと言っても特に難しいものはなく、あとは河川ごとに設定されているルールを守るくらいでしょう。入門者や初心者が渓流釣りを楽しめ、無用な争いに巻き込まれないためにもチェックしておいてください。
渓流釣りの手引き

遊漁券購入の必要性と漁協の規則

渓流釣りをする場合には、その河川を管轄してる内水面漁業協同組合の発行する遊漁券を購入する必要があります。ここではその法的背景や現状の問題点に触れておきたいと思います。購入せずに漁協ともめて警察の厄介となるなどの面倒なことは、当然さけるべきですよね。
渓流釣りの手引き

一般河川渓流では解禁期間と禁漁区、禁止事項がある

渓流釣りができるのは解禁期間のみで、漁協から遊漁券を購入し楽しく入渓しよう。ただし、河川ごとに禁漁区や禁止事項が設定されているので、遵守の上でヤマメやアマゴ釣りを楽しんでいただきたいものです。
渓流釣りの手引き

熊、猪、鹿、猿等に注意! あぁ、熊は九州に居りません…

渓流釣りで遭遇しそうな野生動物は色々と考えられますが、中でも熊、猪、蛇を危険な動物として考えています。個人的な対策方法を中心に渓流釣りの入門者や初心者の方へのアドバイスになりそうなことを掲載しています。
渓流釣りの手引き

魚篭(ビク)とクリール 【渓流釣りの装備】

~移動前提だからビクやクリール選択に迷いは出るもの~ 筆者はパーティ組んで長距離移動有なら昼飯に現地で塩焼きしますが、それ以外はまず持ち帰りません。何を隠そう、C&R派どころでなく、もう全国の渓流から釣り人全てを排斥したいく...
渓流釣りの手引き

ウェーダーで手軽に楽しむ 【渓流釣りの装備】

~ウェーダーは、解禁初期の防寒と一年通して使える手軽さが売り!~ 愛媛、福井、岐阜、長野などかなり寒い2月に解禁を向かえる場所は言うまでもなく、3月の水は痛いという表現があてはまるほどに冷たく、釣りを続けるのも辛くなるほど。...
渓流釣りの手引き

鮎タイツ・ウェーディングシューズとソールの種類 【渓流釣りの装備】

~鮎タイツ・ウェーディングシューズとソールの種類~ 立ちこんでの本流釣りやシャワークライムまでを範囲に入れながらの源流釣行を主とする渓流釣りの場合は、装備にウェーダーを使うには荷が重い場面がでてきます。そこで使用するのはウェ...
渓流釣りの手引き

渓流釣りで使いたいウェア(シャツ)と即席合羽 【渓流釣りの装備】

~ウェアは快適かつファッショナブルにいきましょう♪~ 渓流釣りやのべ竿釣りの釣行記などの写真にこっそりと筆者は登場していますが、どうみてもファッションや流行といったものからは縁遠いのが分かってもらえると思います。ウェア(シャ...
タイトルとURLをコピーしました