大分川にて尺榎葉魚と調査の撃沈

2016年9月6日

週末から潮が良いということは、バチ抜けチャンスがあるかもしれない。
その前に大分川の榎葉魚調査に行っておかないと、時間的な余裕がなくなるというわけで出撃しました。

50cmアップのニジマス

そうそう、執事さんからも一つ画像届いておりました。やっぱりデカイなwww
0.4号で獲ったとのことですが、スクール以来メキメキ釣果あげておりますな。
モザイク仕様でアップしてみましたww

スポンサーリンク

榎葉魚生息確認ニテ撃沈件ノ如シ

川虫ポイントに到着し採取を済ませ、移動前に同箇所にて七寸を頭に三本ほど楽しんだ。
アタリ自体は充分なるも喰いは浅く、ハリに乗せるタイミングに手間取る。

ルートは何度となく地図で確認していた、丁度いやらしいところに滝がある模様。地形具合から高さも有りそうだし、高巻くのもここらの地質はアレなので却下。
下流に当たる本筋との合流点付近では榎葉魚と遭遇済なので、今回は滝上にあたる源流域のみに絞る。

ところが、現地着も水はほぼ枯れていた。
いや、伏流だ! きっと小エンテで流れが切られているのかも!

という淡い希望も空しく、30分ほどの岩登りを終えた私。
折角準備した源流用の仕掛けを引っ込めるわけにもいかず、もう一箇所10年以上前に撃沈していたアブラメ川に狙いを定めなおし、車で移動。

当然の再撃沈・・・。ここはエノハおらんてww

解禁ノ復讐ハ尺アマゴニテ御座候

ほぼ午前中を撃沈で潰した以上、選択は一つ。
解禁日のリベンジをする! これのみ♪

尺アマゴのリリース竿は勿論のべ竿で6mクラスの中硬硬、この日は風が強いので、仕掛けは短め、そしてガン玉を重めにセット。
予想通り仕掛けは安定せず。

それでも、微妙な反応が見えたポイントで流すこと数回。

尺アマゴ元気良く数度のジャンプと突っ込みを見せ、来てくれたのは尺越えの榎葉魚(アマゴ)。
尖った面構えに盛り上がった体高が中々の1本でした。
これなら、リベンジ達成でいいでしょう♪

思いっきり暴れさせてしまったので、正直撮影は慌ててしまったw
やはり防水用のカメラが欲しいですな。

型も見たので解禁は素通りした上流へ移動し、状況確認。
七寸半ほどを頭にアマゴ6本を追加して満足。

アマゴ七寸半再び、この子達に会えることを期待♪

大分川にて尺榎葉魚の終わりに

本日榎葉魚釣りの現場にて歌っていた曲は、「サムライソウル」byチームカミウタ。
この曲当分使えそうです。

調査の撃沈は無念でしたが、今年はあちこちでやってみたいと思います。

3月も半ばとなり、デカニジのビッグチャンスもあと少しでしょうか。
全体に水位が低かったのは気になるので、雨に期待します。

桜咲くあらw そうなんです、咲いちゃってました♪

さて今週末からは、グヒヒのあれですよねw
自作の疑似餌準備完了してるので、その他の作業頑張っときます。

スポンサーリンク