九州の渓流でエノハ(ヤマメとアマゴ)を探して彷徨います。地元情報の発信も♪

渓流茶房エノハ亭 

トラウト百渓~鱒の世界~

鱒が魅せる数多の姿を紐解く

九州のエノハ・マダラ他タンブリ、キリクチ、ゴギ、タナビラ、コサメ、ヒラメ、ヤマベ、ヤモ、ヒカリなどは、トラウト及び標準和名という言葉に駆逐され絶滅しようとしている日本固有の鱒が持っていた地方毎の名称。
人々の口と耳から消えてしまう前に少しでも遺しておきたいと起稿します。

トラウト百渓 鱒の世界のタイトル画像

スポンサーリンク

トラウト百渓 鱒の世界と戯れる

エノハやアメゴを釣りたいと願うと何時の間にか対象魚の生態や特徴が知りたくなるのは釣り人の性かもしれない。自分自身のためにもトラウトについて「豆知識を学ぼう」と思い調べてみた事を「トラウト百渓~鱒の世界~」としてまとめてみました。
旧館においてはエノハ百渓としておりましたが、新館となりその範囲が広がる願いも込めて。

特に地方名、民俗、民話・伝説に心を配りつつ全国の鱒にまつわるものを学んでいきます。
※現在も引き続き調査中。再アップ分は加筆修正済。

鮭・鱒類とその生態・特徴

  1. サケ・マスの分類とライフサイクル
  2. アマゴとサツキマスの生態と分布
  3. ヤマメとサクラマスの生態と分布
  4. イワナ(岩魚)の生態と分布
  5. ニジマス(虹鱒)の生態と分布

産卵をするために生まれた川に帰る鮭、そして釣りの対象魚として人気の鱒の基礎的な生態や特徴をピックアップ。九州で狙えるトラウト類をメインに調べてみました。

榎葉魚学詳説

  1. 民話から見るエノハの由来譚と特徴
  2. 文献資料から見えるエノハ(榎葉魚)の姿 江戸中期以降
  3. 福岡県矢部村の民話からみるエノハと後日譚
  4. カガシラとエノハ テンカラ・フライ以前の毛ばり釣り

民話・昔話・伝説の世界と史料に見られる榎葉魚の姿から、九州におけるエノハの歴史と民俗を紐解きます。魚類学ではなく、歴史や民俗からエノハそして九州を追求することがテーマ。
また、のべ竿道の記事にても史料・文献より九州の川魚を含めマダラやイワナについても調査ごとに随時アップしていますが、考察が纏まればこちらにて紹介いたします。
関連するような聞き伝え、史料、情報ございましたらご教示いただけますと幸いです。

鱒の民話・伝説・歴史を見る

  • 新館アップに合せ準備中

民話や昔話に出てくる動物といえば、狐・狸・蛇・猿などがすぐに思い浮かぶだろう。全体に比べれば魚類の占める割合は少なく、その内の鱒にしぼればバリエーション含め話自体存外少ないと思い調べて見ることにした。果たして吉と出るか凶と出るか・・・。

トラウトに関するその他の情報

 トラウトフィッシングの解禁・河川情報

投稿日:2016年4月29日 更新日:

執筆者:谷澤 憧渓

Copyright© 渓流茶房エノハ亭  , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.