大分川河口 ~港を散策 大型のチヌと遭遇してみたくて

2017年10月5日

まずはと言う事で、これまでメインに遊んできたクロ・サンバソウポイントを旅立ち、
ルアーで狙っていたシーバス・根魚・チヌのポイントをあちこち回ってみた。

大分川河口 周辺、5号地、住吉泊地、西大分港までを散策。
中でも西大分港白灯台は魚影も濃いがエサ取りも凄い‥。

エサはオキアミメインで、生やボイルを使用してみたが特にどちらがというまでの差は体感できなかった。

前回の竿折れによって軟調子のハヤ竿4.5mを準備し、
天上糸代わりの道糸2号を2mほど取り、其処にハリス2.5mほどを直結、
オモリはポイントや攻めるポイントによってG3~4Bまで、
ハリはチヌバリの4号を選択。

まだまだ初期の道具類

※過去記事からの移転・加筆修正分。

スポンサーリンク

港周辺はエサトリ乱舞

まずコッパやカワハギにホゴにアジも遊んでくれるが、つきもののフグにギザメ、稚ダイも非常に多い。

コッパグロ

人が多くて、マキエが多い箇所は厳しいと思った。
モチロン型も狙えるのだろうけど、エサが沈む事がないので足場が高いと沈んでいかないことに気づくのが遅れることもある。

おかしいと思って様子を聞けば、ハリにエサが無いのはすぐに分かるのは悲しい。
生オキアミ使用では量的に1パックが半日も持たないのである。

大分港の白灯台を根元辺りから先端まで探って行くと先端までにエサは無くなってしまう勢い。
帰りに反対側を攻めるだけのエサは残らない。
もぉ、ヤダヤダ。いくら五目釣りだといってもこんなに反応が良いのも困るのである。

眼鏡を外せばサクラマスに見えるかも・・・

では懸案の竿が立たないって奴は何処に居るのだろうか?
おそらくおチヌ(クロダイ)様のゆっくり40越えのサイズなんだろうと想定してみた。
波止回りはエサ取りが多いのは分かったので、大分川河口 から上流へとポイントを定めてみる。
ルアーでのチヌ実績も考慮しながら、河口から上がってみることにした。

とある橋脚回り♪ バレバレでしょうがw

大分川河口 から少し上がった橋脚下回り

スズキ、チヌのグッドサイズの経験があるポイントに向かうと、キビレの15~20cmの猛攻を受けた。
そのパーティタイムが終わり静かになると、グンとハリに乗った!

むぅ? この手応えは懐かしい気がする。
やめてくれと思いつつやり取りし竿を立てると、銀色のうつくしい魚体が水面に見える。
よしメガネを外したら「おぉ、サツキマス」、なんてことにはならない。

イダ(ウグイ)

尺クラスのイダ(ウグイ)でした。
サツキには見えないですよね、だからメガネ外してって、ちとシツコイ(笑!)

この後も35~40クラスの大物外道に振り回されましたです。
実はこの時、竿は気合の8m本流竿にウキで流してましたww

さて、おチヌ様に出会うにはエサなのか、場所か、タナか、時間か?
色々考えながら、竿が立たないサイズということが半信半疑のままこの日は家路に着いた。

大分川河口 夜釣りでオ間抜け全開!

次の日は深夜に出撃! 完全なサイズ狙いで、河口周辺をウロチョロしてみました。
シーバス狙いのルアーマン多いですので、おいらのように際狙いはお邪魔のようです。
ごめんなさい><

仕方ないので明かりの無い方へとトボトボ歩いて、岸沿いを叩くとハゼ君たちの猛攻‥。

ハゼ

20アップの良型も釣れたので嬉しいけれど、狙いは大型のおチヌ様。

落とし方や誘い方を試してみると、やっとのことで反応があった♪
グンと引いてくれたのをかわして、ぎっちりブリ抜きです♪

八寸三分はありませんでしたが、根性バリバリ!のキビレちゃん

キビレ

その後反応が続かないので再び上流側の暗い方へと移動。
アタリにすっぽ抜けたのを期に誘いをスロー目に変えてみると、グン♪
ほぼ同サイズを追加モチロンのぶり抜き♪ 1号ラインとこのハヤ竿ならこのクラスまでは抜けることをしっかり確認。

すぐ調子に乗るのがおいらの悪い癖です。落とし穴はポッカリと口を開いて待ってました。

こうして誘うとホラ~♪ キュ~ンと竿がしなる。
「お~? ちと重いか、ホホホ」、前の2本よりも型が良さそうだ。

「してやったり~♪」と、その理由は鮎ダモの柄をはずして1.5mほどの竹の棒にくくりつけていたから。
しっかり狙うなら準備しておかなくちゃネ。まぁ大物ってわけじゃぁ無いけど、
この仕掛けじゃ抜くのは無理そうな30オーバークラスのおチヌ様~♪
やり取りで弱らせたので、タモを置いてあった下流側へと誘導。

「さてと、作った竹網はと‥」

あれ‥。んが~! タモが遠い~!

性格が出たのか、かなり控えめに岸から離して置いたタモにまで手が届きません
。手を伸ばして竿を前に出し、後ろ側に手を必死に伸ばしながら後ずさりするも届かず。

ジタバタ、ジタバタ! と足も出してみましたがどうしても届きません

もう一度手を伸ばした瞬間に、おチヌさまがイヤイヤしながら際の下側へと
「いか~ん、其処はブロックの角が‥」

プツン

折角作った竹網タモは役立つこともなく終わりました。

この後は反応も無くなりました。ゴミかと思って引っ張りあげたら、動き出したのはカニさん。
チンの字が居たら大喜びで持ってかえりそうなものをゲット。喜んで良いのか、悪いのか。

モクズガニ

北川だけじゃなく、大分川河口 でもカニ! これならまぐれじゃない。狙って釣れるのだ!
なんてねぇ♪

あぁ、オ間抜け全開なおいらでゴメンナサイ‥。
竿が立たないような事件にも出会えないまま朝を迎えたので帰宅。

一瞬の出来事で岸壁は静かになる

次の日の夜、大分川の河口周辺でチビレ(おチビなキビレ)さんと遊んだので場所移動。
メバル、チヌ、シーバスからホゴ、キス、アジに果てはカンダイまで狙えるという
とりまおいら秘密の一級ポイント いろんな意味でもww

4.5mが一本入り込むポイントで型物を探してみたが、反応は無いまま時は過ぎていた。
奥側よりカーブフォールさせながら落とし込んでいく、流れが向こう側なので少し斜めに入ってしまった。

「こりゃぁ、いかんなぁ。未練流しと同じ状況だ。」
竿と仕掛けが直線に近い状態からの、つい誘い・・・。

ズ~~っと目印が入り込んでいく。タイミング的にアワセは効いたと思うが、
竿先が一気に海中へと絞り込まれミリミリと音をたてと思ったと同時に、フッと軽くなってしまった。
その後は何も無かったかのような静寂が‥。

おチヌ様なんだろうけど、経験不足のおかげでさっぱりサイズが分かりません。
その後もナチュラルドリフト風に流していたら、ズ~~っと持って行かれてプツ‥。
この無常さに、ただただ天を仰ぐのみ。さて、どうするべきか♪
竿が立たないってことがしっかりと理解できましたよ。

仕掛けを一部変更しながら次のチャンスを狙ってみます。
さてさて、どんな風になるのか、
そしてこの4.5mハヤ竿できっちり獲りきれるのか?
そして一人のときに寄せ切れてタモ入れに成功できるのか?

ワクワクしてきますネ♪

スポンサーリンク