九州の渓流でエノハ(ヤマメとアマゴ)を探して彷徨います。地元情報の発信も♪

渓流茶房エノハ亭 

2018年のエノハの渓

エノハもしくはマダラと、九州で呼ばれてきたアマゴとヤマメ。 渓流釣りを愛するものとして、エノハとマダラをメインに据えたサイトを2018年も運営してまいります。

スポンサーリンク

渓流釣りとエノハ

とにかく、エノハそう呼ばせていただきます(笑!!)地元である大分ではそう呼ばれていましたカラ。四国の高知に10年ほど棲みついていたせいか、個人的にはアマゴが好きなんですね、まぁアメゴと呼びますけど。

九州のエノハやマダラだけでなく、アメゴ、ヒラメ、ヤマベ、ヤモ、タナビラ他、ヤマメとアマゴには日本各地に沢山の地域呼称があります。各呼び方はその地域にこそ相応しいものであり、その歴史や風土を映しているものですから、全国各地の呼び方を大切にして欲しいという願いもあります。

もちろんトラウトなどの新しい言葉も使いますが、連綿と伝わってきたものを大切にしたいなと。魚種としてのヤマメ・アマゴとは違い、九州北~中部の谷に棲まうのはエノハなんだと思ってます。
もちろん九州南部のマダラも大事にしていきたいのです。

「一服のお茶と茶菓子のおもてなしを」、サイト訪問者にとってそんな気分に浸れるようにと^^ ま、偏屈で頑固な渓流釣り好きのオイヤンですが、末永くヨロシクお願いいたします。

宮崎のマダラ

これは、宮崎でマダラと呼ばれる個体。腹部の小さい粒々がマダラであることを主張してます♪ ヒルさえいなければ、毎年のように行きたいのだけれどちょっと決心いりますからww

エノハ亭の作業状況及び予定 2018年3/15現在

・エノハ亭のブログ「のべ竿道」も随時更新中。渓流でのエノハ・マダラや海の釣行記、釣りのあれこれ、web制作他、気の向くままにアップしています♪
・2018年シーズンも解禁となりました。役立ちそうな地図を制作・公開しつつ河川の情報を更新していく予定です。釣りの予定は立たず…無念><。
・大分川の支流別マップの新版も順次仕上がっているのですが、こちらには放流箇所やある程度のポイントが分かりそうなものを考えております。web版は、表示の関係でどうするか悩みながら作業しています。

 【のべ竿道から オススメの記事】
 九州イワナの天然分布に関する民俗学的考察 序
 マットソニック理論(小林良彰氏による)をのべ竿道に活用する

・リンク集に入門!てんからビギナーず (3/11)さん、謎の巨大生物UMA (2/26)さんを追加しました。

・今後の再アップと更新予定(2018年 3/2)
 子どもと楽しむ川釣り記事、渓流釣り入門記事続々更新、絶賛なうw。
 大野川、筑後川の紹介などをを一部修正し再アップ予定。
 ※今後の釣行記録は基本のべ竿道に掲載し、本館にてはまとめつつ読み物風に仕上げます。

秋色エノハ

婚姻色がでたものを、秋色エノハとなどと呼んでいます。九州メインの渓流マンなので、まるでサケのように感じてしまいますw しかし、基本的にはアメガー(アマゴ絶対主義者)なので、体側の朱点がもう最高です!

渓流関連リンク

サツキマス・サクラマス渓魚の生態考察 渓道楽

四国の渓流釣り 謎の巨大生物UMA

球磨川ヤマメ釣り情報 球磨川鮎釣り情報 西村釣具店

球磨川 川辺川 徹底攻略 鮎釣ってみんね!

エノハ亭 運営者からのお知らせ

・エノハ亭本館にては各記事毎のコメントを受け付けておりませんので、記事に関する質問・相互リンク他は、お問い合わせフォームもしくはのべ竿道のコメント欄、BBSにてお願いいたします。

釣り及び九州の地元情報、その他歴史・民俗関連サイト様との相互リンクを募集しております。お問合せフォームよりお気軽にご連絡くださいませ。

※現在のところ詳細頁はありませんが、渓流釣りのガイドやビギナーズスクールもこっそりと承っております。こちらもお問合せフォームからご連絡いただければ幸いです。

運営を開始して何年かも忘れた現状ですが時の流れは早く、いわゆるHPもスマホ、タブレット、PCと表示にマルチ対応の必要性もあり、 こちらの新規ドメインにて引き続き運営してまいります。応援いただいている方々に感謝いたしております。

スポンサーリンク

エノハ亭をSNSで紹介♪

投稿日:2015年9月9日 更新日:

NEW ENTRY

菊池川のヤマメ釣りと地図
菊池川水系のヤマメ釣りと支流概略地図

~菊池川の渓流釣りとヤマメ釣り~ 菊池川のヤマメ釣りは、阿蘇の外輪山からの流れや標高1000m前後の山々から流れ出す支流が多いため、源流遡行好きには若干物足りないものの、そのたおやかな流れは多くの人に ...

球磨川支流概略絵図とヤマメ
球磨川水系のヤマメ(マダラ)と支流概略絵図

~球磨川の渓流釣りとヤマメ(マダラ)の概観~ 球磨川は鮎、ヤマメともに九州を代表する釣り場と言えるだろう。中でも「球磨川の尺鮎」といえば九州全域そして全国から鮎釣り師が集まる程の人気を誇り、例年8月の ...

耳川の渓流釣りとヤマメ
耳川のヤマメと渓流釣り 附流域鳥瞰図・支流概略絵図

~耳川本支流の渓流釣りとヤマメの概観~ 九州で渓流釣りを嗜む者にとって外せない川と言えば、球磨川とこの耳川だろう。近くに良い川あるだろうと思っても、多くの人が車を走らせて釣りに向かう聖地とも呼べる。 ...

五ヶ瀬川のヤマメ釣り
五ヶ瀬川の渓流釣りとヤマメ 附鳥瞰図・支流概略地図

~五ヶ瀬川本支流の渓流釣りとヤマメの概観~ 五ヶ瀬川は球磨川と並び九州の鮎釣り人気を二分する清流で、全国天然鮎の遡上する100名川にも選ばれている。一方でヤマメが狙いとなる渓流釣りは、鮎人気に比べれば ...

筑後川の渓流釣り
筑後川水系の渓流釣りとヤマメ 附支流概略地図

~筑後川とその他支流の渓流釣り・ヤマメの概観~ 筑後川は坂東太郎(利根川)、四国三郎(吉野川)とともに筑紫次郎とも呼ばれ、日本三大暴れ川としても知られる。熊本県、大分県、福岡県、佐賀県の四県、9市3郡 ...

Copyright© 渓流茶房エノハ亭  , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.