サイト及び運営者情報

阿蘇野川のエノハ(アマゴ)

谷澤憧渓⇒サイト運営者

現在は大分県に在住、高知での学生時代に、民俗学(柳田、折口)にハマる。
しかし研究のフィールードワーク(野外調査)に出かけ話を聞きやすくするためなどと言い訳をしながら、竿を担いで四国内の渓流詣でも始める。
その後、師匠のお陰もあって某歴史民俗資料館に勤務する。
意見が合わず(としておきますw)、飛び出し民間企業へ。
そして誤って独立、現在絶賛奮闘・苦戦中!

渓流釣りのサイト運営に当たり

とにかくヤマメとアマゴを「エノハ」と呼ばせていただきます(笑!!)地元である大分ではそう呼ばれていましたカラ。四国の高知に10年ほど棲みついていたせいか、個人的にはアマゴが好きなんですね、まぁいつもはアメゴと呼んでますけど。

九州のエノハやマダラだけでなく、アメゴ、ヒラメ、ヤマベ、ヤモ、タナビラ他、ヤマメとアマゴには日本各地に沢山の地域呼称があります。

各呼び方はその地域にこそ相応しいものであり、その歴史や風土を映しているものですから、全国各地の呼び方を大切にして欲しいという願いもあります。

もちろんトラウトなどの新しい言葉も使いますが、連綿と伝わってきたものを大切にしたいなと。魚種としてのヤマメ・アマゴとは違い、九州北~中部の谷に棲まうのはエノハなんだと思ってます。
もちろん九州南部呼称でもあるマダラ(ヤマメ)も大事にしていきたいのです。

「一服のお茶と茶菓子のおもてなしを」、サイト訪問者にとってそんな気分に浸れるようにと^^ ま、偏屈で頑固な渓流釣り好きのオイヤンですが、末永くヨロシクお願いいたします。

釣り場の情報をどこまで明らかにするのか、尺級も狙いたいし朱点の美しさも捨てがたい、益々荒んでいく山間の村にできることはないのかなどを悩みつつ、自らの現実と折り合いを付けながらも「エノハ亭」を運営していきます。

渓流釣り歴も長くなってしまい、哀しいことの方が多い気もしております。

サイトの情報と責任

サイトに掲載している情報については、できるだけ正確を期しております。
ただし、古い情報もあると思われますのでご留意くださりたくお願い申し上げます。

また、新しい情報の提供、本文中の誤字脱字、明らかな誤謬などは問い合わせフォームより指摘していただけると助かります。

渓流釣りには危険が伴うことも多々ありますが、本サイトの情報によって事故や損害等にあわれましても、一切の責任を負いかねます事をご了承ください。

気になる方はサイトの「privacy-policy」もご確認ください。

【2020年3月22日 憧渓記す】

タイトルとURLをコピーしました