タイ類(マダイ、クロダイ他)の方言や由来・雑学

タイ類

日本人のハレの日に欠かせなかったマダイ、海釣り対象魚の代表格クロダイ、磯の王者イシダイ、波止場の狂気コブダイ、高級魚の代表格となったアマダイ他タイの名を冠する魚は数多存在する。

※ここで云うタイ類とは魚類学分類によるものではなく、その名にタイを冠する魚をタイ類として方言や由来を収集していることをお断りしておきます。

タイ類の方言や由来・雑学

古くは古事記などにもタイと見られる記述があることからも知られる通り、この魚は古くから朝廷や貴族関連にとっても意味深い魚であったと思われる。そして、人々とのかかわりの中で多くの魚にタイも紐付けられたのだろう。

その方言や由来・伝承を見ていくことで、タイと日本人との関連が見えてくるだろう。

魚の地方・方言名

海釣りの定番魚 クロダイ・チヌの方言(地方)名

江戸期に釣り文化が発展し始めた頃よりクロダイ・チヌは人気の釣り対象魚であった。また味の良さ、活かし易さもあり古くから価値が高く、全国各地で様々な名称を与えられてきた。その由来や雑学と共に各魚名方言を紹介したい。
魚の地方・方言名

マダイ 魚の王様の方言(地方)名

マダイの方言名・地方名にはテノイオ、ヘイケ、テ、ツメ、カツラダイ、サクラダイなどがある。古来より日本人に好まれてきたこの魚にも地域性を見ることができるように思う。
タイトルとURLをコピーしました