歴史と民俗

歴史と民俗に関する研究と雑学をご紹介。まずは全国に残されている魚名方言を収集、分類しています。

エノハ・マダラ

カガシラ釣りとエノハ

カガシラとは蚊頭と記すらしく、西日本を中心として九州でも広く楽しまれた釣り方であった。自作のカガシラもあったようだが、行商人や小さな雑貨店で取り扱っていたようで、それらが消えると共に少しづつ薄まり、今ではテンカラやフライなどに取って代わられた昔の毛ばり釣りの方法と云える。
エノハ・マダラ

福岡県矢部村のエノハ伝説

福岡県矢部村に伝わるエノハ由来譚では、親孝行の青年にもたらされた突然の幸福、仙人が滝に巻いた榎の葉が魚になったという。アマゴ放流と共に語られている点は、九州でのヤマメ・アマゴ研究の中で注意しておくべき点だろう。
エノハ・マダラ

エノハ(榎葉魚)を江戸中期以降の文献から

江戸中期以降の文献資料及び九州の各市町村史に記された内容からエノハの姿を探してみました。「太宰管内志」、「和漢三才図会」。「諸国産物帳」などに記された内容から往時の姿を思い描きます。エノハともマダラとも呼ばれた魚は美味な物として紹介されておりました。
エノハ・マダラ

エノハの由来譚とその特徴

大分に伝わるエノハ由来譚は、弘法伝説のような話型を持ったものとなっています。超常的な物の介入による地域への福到来と言えるでしょう。こういった話が伝わるのも、ヤマメやアマゴ達が当時の人々の日々の生活に近かったことを示す材料とも云えます。
魚の地方・方言名

スズキ・鱸、ハネ、フッコ、セイゴ他の魚名方言を探る

スズキ・鱸も古事記に記されるように、古くから日本人に親しまれてきた魚の一種。成長魚としても知られるが、夏を旬とする白身魚の代表格として美味な魚である。その魚名方言を地域別に見ながら、分布域などの考察を進めていきたい。
魚の地方・方言名

海釣りの定番魚 クロダイ・チヌの方言(地方)名

江戸期に釣り文化が発展し始めた頃よりクロダイ・チヌは人気の釣り対象魚であった。また味の良さ、活かし易さもあり古くから価値が高く、全国各地で様々な名称を与えられてきた。その由来や雑学と共に各魚名方言を紹介したい。
魚の地方・方言名

魚名方言のための研究資料一覧

魚名方言の研究及び調査において、参考とした書籍、資料、WEB頁。
魚の地方・方言名

マダイ 魚の王様の方言(地方)名

マダイの方言名・地方名にはテノイオ、ヘイケ、テ、ツメ、カツラダイ、サクラダイなどがある。古来より日本人に好まれてきたこの魚にも地域性を見ることができるように思う。
魚の地方・方言名

雅称「春告魚」 メバルの方言名収集

メバル(目張)の方言名には、テンコ、ワイナ、ガヤ、メマル他とあるが、現状はかなりメバル地域が多くなり各地の特色は薄れているようである。藻に付く魚と知られているが、その系の名前が少ないのは意外だった。
魚の地方・方言名

アイナメの方言名は、アブラメとシジュウが二大勢力だった

白身の美味として人気のアイナメ。その方言名は大きく分けると、太平洋岸のアブラ系と日本海側のシジュウ系に分けられるのはカサゴと似ている。この他にもネウ、エイナ、モズ、モヨ、ツムギ、モミダネウシナイと呼ぶ地域もある。
タイトルとURLをコピーしました