イワナ

岩魚の釣りや生態、魚名方言などに関する記事の一覧。

憧渓の雑記

九州にイワナがもしも生息していたらを歴史・民俗学からみてみよう

九州には昔からイワナが棲んでいたのだろうか、という問いに敢えて民俗学研究者が触れてみた。天然だとか在来だとかの概念問題はもう素人の手には負えないので、とにかく史料や口伝を探すことでその議論を底支えしてみようと思う。
エノハの渓へ(旧釣行記)

イワナとエノハを塩焼きで〆た2005年の最終釣行

2005年エノハの渓へ第12話。イワナの谷で塩焼きを食って2005年を〆るかということで、行って来たのは某川の源流部。最後の良型エノハはチンの字が決めてくれたんで、まぁ今年も良かったということにしておこうかと思ったとか♪
憧渓の雑記

熊本には江戸時代から鮇=イワナが居たのか? 享保・元文期の産物帳から

九州には居ないとされてきたイワナだが、今回「肥後国内熊本領産物帳」の中に「鮇」の文字を確認することができた。これが正しいのであれば、同資料の記された1730年頃の熊本県に生息していたこととなる。
エノハの渓へ(旧釣行記)

2003年エノハ解禁日 大野川の初日と2日目はイワナの谷

2003年エノハ釣行記第1話。解禁日は大野川でお茶を濁し、翌日は3月の冷たい水が流れる中を標高の高いイワナの谷へと出撃してきました。果たして釣果は?
ヤマメ・アマゴ

イワナ(岩魚)・アメマス 生態と特徴

イワナも地方名多くタンブリ、キリクチ、ゴギなどがあげられる。ただしそれ以上に地域毎、下手をすれば谷毎に大きくその姿を変え、日本だけでもニッコウイワナ、ヤマトイワナ、ゴギなど亜種が多いのも釣り人を惹きつける魅力だろう。降海型はアメマスと呼ばれる。
魚名表現(方言や漢字)

イワナ・アメマスの魚名方言 ユワナ、イモナの他には

イワナとアメマスの魚名方言は、生息域の問題もあり地方によって極端な分布を示し、古い物を想定するならユワナとそれ以外となりそうである。これからにきたいしつつ、各地方の語彙を集めていきたいと考えている。
憧渓の雑記

九州と四国のイワナ 釣り場の広がりと伝承を整理しておく

九州と四国におけるイワナの状況を研究、釣り場、伝承などを整理しておき、今後の魚名方言調査に役立てたいもの。トラウトファンの為にも必要なものだと思いたい(笑)。
タイトルとURLをコピーしました