九州の渓流でエノハ(ヤマメとアマゴ)を探して彷徨います。地元情報の発信も♪

渓流茶房エノハ亭 

渓流釣り入門 初心者でもヤマメ・アマゴ・イワナを釣るために!

渓流釣り入門

ドメインの変更に伴い、新たに渓流釣りの入門の記事を書き起こしてみたくなった。そこで入門者や初心者がスクールを受けなくても独学でヤマメ、アマゴ、イワナをまず1匹、そしてツ抜け(10匹以上)や尺物の渓流魚・トラウトと出会えますようにと。

特に1、2、5、7の各章は、エサ釣りに限らず、ルアー・フライ・テンカラ希望の方にも参考になるように考えています。

そこで、事前に準備する道具、仕掛け、対象となる魚の生態、竿の振り方、ポイント及びその名称から手軽なQ&Aに用語などなど分かりやすく解説してまいります。渓流釣り道に入門したい貴方を憧渓がしっかりサポートいたします^^

スポンサーリンク

渓流釣り入門 目次

渓谷の美しさやヤマメ・アマゴイワナなどのトラウト類の美しい魚体に魅せられ、朝靄の渓谷に響く沢の音に尺物との出会いを夢見て、川を渡り岩を登り一心不乱に糸を送り続け、夕映えの林道をぽつねんと下る。これが筆者の渓流釣りのいつもの姿。

そんな自分は、何よりフィールドにて経験を積むことが大事と考えてます。初心者の方にこの渓流釣り入門各記事を参考にしていただき、「とにかく、川にでかけてみましょう!

1章 渓流釣りの基礎知識
 1 渓流に入るマナーそして心構え
 2 内水面漁業協同組合と規則・遊漁券の購入
 3 地形とポイントの名称
 4 地形図を読むことを覚えておこう
 5 安全な遡行のために
 6 渓流で出会う危険と生物
2章 釣りの準備(装備)を整える
 1 渓流釣りに必要な装備と考え方
 2 ウェーダー
 3 鮎タイツ・沢靴
 4 渓流釣りで使いたいウェア
 5 玉網・ランディングネット
 6 魚籠(ビク)・クリール
 7 ザック・ベスト
 8 あると便利な装備類(小物)
3章 渓流釣りの道具を揃える
 1 竿の選び方 エサ釣り用のべ竿
 2 のべ竿のメンテナンスとトラブル
 3 エサ釣りのライン(道糸・ハリス)
 4 エサ釣りで使用するハリ
 5 オモリ・ガン玉
 6 エサ箱・目印
 7 エサ釣りであると便利な小道具類
4章 基本的な渓流釣りの仕掛けと作り方
5章 渓流釣りのポイントと季節を知る
6章 渓流釣り(餌釣り)の技術
7章 渓流疑似餌釣り入門(別サイト参照)
 1テンカラ釣り入門
  ├必要な道具
  ├竿の選び方
  ├テンカラ釣りの仕掛け
  ├毛ばりの巻き方
  ├キャスティング
  └テンカラの釣り方
 2ルアー釣り入門
8章 よくある疑問、Q&Aと脱初心者へのヒント
(別項へ移動を予定)
 ◎ エノハの尺物に出会うためには?

※渓流釣りの用語やトラウト類の生態は、下記に別項を立てています。
※疑似餌関連は別サイト様になります。

追記 
※2017年2月25日掲載開始、各章毎に順次アップの予定。項目掲載記事にリンクがないものは原稿作成中のものとなっております、アップをお待ちください。項目が挙がっていないものは「あ~でもない、こ~でもない」、と悩んでるということで♪
※写真や暫時気づいたことは再構成し、随時修正アップしています。

これさえ仕上がれば渓流釣り入門者用の本や開催していた「ビギナーズスクールいらんやん!」ってな感じになるはずです、多分いやきっとw

なお、九州及び四国が渓流釣りのメイン釣り場でしたので、山行テン泊で3日以上、雪・熊対策などは対応できておりません、あしからず。

▼疑問・提案が…▼
記事内の不明瞭部分・よりよい方法や、記事にしていない渓流釣りに関することでも疑問がありましたらこちらのお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。分かる範囲で記事に追加もしくは別項でお答えしたいと思います。自分の勉強にもなりますし♪

渓流釣りに関する用語

あ行 ・か行 ・さ行 ・た行 ・な~は行 ・ま~わ行

釣りだけでなく山と谷に関する用語もピックアップして初心者の方にも分かるように解説しています。掲載内容の一部は時間のせいで劣化していたり茶化してる部分もありますが、そこはご愛嬌ということでお願いいたします。

トラウト類の生態

  1. サケマス類
  2. ヤマメ・サクラマス
  3. アマゴ・サツキマス
  4. イワナ
  5. ニジマス

パーマーク、アブラビレ、降海型のサツキマスやサクラマス、原種など渓流釣りにかかわる人にはこれらに拘る人も多いです。私ですか? もちろん尻ビレフェチで通っております♪

誰もが最初は渓流釣りの入門者だ^^w

筆者も独学で渓流釣りの入門者となったせいか、最初の一匹に出会うまでかなりの時間が必要でした。高知の鏡川に自転車で何度となく通ったが全てが空振りだったような(笑)。

今振り返れば理由は簡単で、季節的(夏に半パンで川遊びと共に始めたような…)にアメゴの居る場所で釣っていなかったのである。それからアメゴ情報を入手し、旧鏡村の吉原川に穴内川や旧土佐山村の東川川・高川川と奥へ進み基礎的な技術を確立し、足が原付になれば仁淀川、吉野川の上・源流域、物部川、安田川、奈半利川と行動範囲が広がるにつれアメゴの釣果は格段に上がり、初心者の段階はいつの間にか過ぎていきました。

その経験もあるからか、基本的な姿勢は「ポイントは自分で開拓する!」でござる。これは入門者、初心者問わずにそう思ってはいるのだが、自分の遠回りの経験から「そうも言えないか」と思うことも。

できれば読んでいただける全ての方に場所を公開したい気持ちはあるのだけれど、淡水のキャパシティは非常に小さい。例として関東から中部・近畿にかけての人気河川でヤマメやアマゴの追加放流が行われるのは何故かを考えればすぐに分かるでしょう。

そうヤマメ・アマゴ・イワナをはじめとする渓流魚は山の奥に居る釣りにくい幻の魚ではなく、解禁後すぐに居なくなるから幻の魚なのである(笑)。サイト上で詳細なポイントをできるだけ公開しない姿勢は、この理由とご承知おきください。

憧渓の渓流釣りスタイル

今回の「渓流釣り入門」ではWEBで公開するということで、各内容においてエサ、ルアー、毛ばり(テンカラ・フライ)など釣り方を問わず、初心者が渓流釣りを始めるのに役立つことを念頭に置き、釣り方の各論は自分の経験を鑑みてのべ竿によるエサ釣りを中心に据えているが、釣り方に囚われすぎることのないように記述するつもりです。

最後になりますが、スクール・ガイド受講及びサイト運営を応援していただいている方々に心から感謝し、この入門を読んで渓流釣りを始めたい方々に少しでも役に立てば幸いでございます。

初心者で「九州の渓流釣りポイントを詳しく知りたい」とか「実地で教えて欲しい」というご希望がございましたら、ビギナーズスクールの受講をオススメしますので、お問合せフォームよりご連絡ください。

エノハ亭の渓流釣り入門における参考文献と終りに

あまり難しく考えずに、釣り場に向かいましょう♪ 現場でしか拾えない事実ばかりだと思っておりますし、楽しみ方も人それぞれなので貴兄らしい遊びになれば幸いと思っています。

安全第一をモットーにして、渓流釣りをお楽しみください。そして、初心者の方にこの入門記事が少しでも役に立ちますようにと願っています。

※なお、当「渓流釣り入門」の各記事を参照にした際の釣り場での事故・怪我等は自己責任でお願いいたします。

【参考文献】
●「ヤマメ・イワナ釣り完全マニュアル 渓流釣り」 下田香津矢 成美堂出版 2001年
●「新 ヤマメ・アマゴのすべて」 週間釣りサンデー編集局 1989年
●「渓流釣り道場 入門編」 大陸書房 1992年
●「新戦略 渓流」 週間釣りサンデー編集局 1994年
●「新アマゴ・ヤマメのすべて」 週間釣りサンデー編集局 1989年
●「完全解説・本流釣りテクニック」 白石勝彦 山と渓谷社 2000年
●「零釣法のすべて」 伊藤稔 釣り人社 2002年
●「ヤマメ・アマゴその生態と釣り」 加藤憲司 釣り人社 1990年
●「渓流のヤマメが釣れる人・釣れない人」 細山長司  釣り人社 2000年
●「渓流の超大ものが釣れる人、釣れない人―大型の遡上魚を釣りたい人へのヒント集」 細山長司  釣り人社 2000年

【参考サイト】
サクラマス・サツキマス 渓魚の生態考察 
渓道楽(たにどうらく)
四国の渓流釣り
九州の遡渓

スポンサーリンク

投稿日:2017年2月25日 更新日:

執筆者:谷澤 憧渓

Copyright© 渓流茶房エノハ亭  , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.