基礎知識

渓流釣りの手引き

秋から禁漁の渓流釣り 色染めし渓魚を求めて

秋の渓流釣りは禁漁目前、今年の総決算ともいえる時期だ。各地の河川では、この時に相応しい魚体をしたヤマメやアマゴをはじめとした渓魚達が釣り人を楽しませてくれるだろう。入門者にとっても、重要なタイミングなので経験を積んでほしい。
渓流釣りの手引き

梅雨から盛夏の渓流釣り 水位と湧水が大事

水が多すぎて困る梅雨、無さ過ぎて困る盛夏。この時期の渓流釣りは我慢比べが続く日々だが、これにどう対応するのかを河川の水位をチェックするのに良いサイトや夏ヤマメ対応の実例等を挙げて解説しています。
渓流釣りの手引き

GWから初夏の渓流釣り 瀬とスレが鍵

GW前後から初夏の時期に渓流釣りは盛期を迎える。ヤマメやアマゴ達は盛んに瀬に出始めて、流れる羽虫や川虫を追うようになり、体力を取り戻して素敵な魚体を持つようになる。そんな時期の入門者へのアドバイスとなっています。
渓流釣りの手引き

解禁(晩冬~春頃)の渓流釣り

解禁日から春にかけての渓流釣りは、川の水温も低く対象魚であるヤマメやアマゴ達の活性も低く釣果が上がらない事が多い。そんな季節の状況を入門者にも分かりやすく解説し、入門者が取っておくと後に役立つ対策をご紹介。
渓流釣りの手引き

渓流釣り場は、瀬、渕、滝、トロ場、堰堤等の地形で構成される

渓流釣り場を構成する代表的な地形には、瀬、渕、滝、瀞(トロ)場などがあり、他にも滝、ゴーロ、ゴルジュ、釜、ナメや人工的な堰堤、ダム、テトラポッドなどがある。情報交換等でポイント確定の基礎知識ともなるので確認しておこう。
渓流釣りの手引き

ヤマメとアマゴの釣り場となる川を知っておこう 源流部~下流部の特徴

ヤマメやアマゴの釣り場は、放流のお陰もあってか、生息河川については広がりを見せているように思う。現在では、降海型も含めて源流域から河口に近い下流域までが対象となるので、入門者にはそれぞれの特徴について知っておくほうが良いだろう。
渓流釣りの手引き

渓流釣り用語 「ま~わ行」

マヅメ、脈釣り、目印、矢引き、リリース他、渓流釣りに関連するま~わ行の用語を解説。わ行の無理やり感が初心者や入門者の方にも伝われば幸いです。
渓流釣りの手引き

渓流釣り用語 「な~は行」

ナチュラルドリフト、ナメ滝、パーマーク、ハリス、ポイント他、渓流釣りに関連するな~は行の用語を解説。初心者や入門者の方の参考になれば幸いです。
渓流釣りの手引き

渓流釣り用語 「た行」

高巻き、タモ、ちょうちん釣り、テンカラ、トラウト他、渓流釣りに関連するた行の用語を解説。入門者から初心者の皆さまの手助けになります様に♪
渓流釣りの手引き

渓流釣り用語 「さ行」

先調子、尺、スレ、瀬、側線他、渓流釣りに関連するさ行の用語を解説しています。初心者の方や入門者の方の手助けになればと。
タイトルとURLをコピーしました