ヤマメとアマゴ その生態と伝説

ヤマメとアマゴ その生態と伝説ヤマメ・アマゴ

ヤマメとアマゴ及びイワナや他のトラウト類を含めたサケ・マス類関係の記事一覧。

釣り人が気になるトラウト類全般の生態。
エノハをはじめマダラ、ヤマベ、ヒカリ、ヒラメ、タナビラなど全国で様々に語られた地域名称の紹介。

また、憧渓の民俗研究の傍らで山間の村々に残るヤマメとアマゴに纏わる伝説や記録を取り上げて解説しています。

脂ビレや尻ビレに惑わされ、パーマークに興奮し、朱点に目を細める愚か者どもの世界へようこそ^^

ヤマメ・アマゴ

カガシラ釣りとエノハ

カガシラとは蚊頭と記すらしく、西日本を中心として九州でも広く楽しまれた釣り方であった。自作のカガシラもあったようだが、行商人や小さな雑貨店で取り扱っていたようで、それらが消えると共に少しづつ薄まり、今ではテンカラやフライなどに取って代わられた昔の毛ばり釣りの方法と云える。
ヤマメ・アマゴ

福岡県矢部村のエノハ伝説

福岡県矢部村に伝わるエノハ由来譚では、親孝行の青年にもたらされた突然の幸福、仙人が滝に巻いた榎の葉が魚になったという。アマゴ放流と共に語られている点は、九州でのヤマメ・アマゴ研究の中で注意しておくべき点だろう。
ヤマメ・アマゴ

エノハ(榎葉魚)を江戸中期以降の文献から

江戸中期以降の文献資料及び九州の各市町村史に記された内容からエノハの姿を探してみました。「太宰管内志」、「和漢三才図会」。「諸国産物帳」などに記された内容から往時の姿を思い描きます。エノハともマダラとも呼ばれた魚は美味な物として紹介されておりました。
ヤマメ・アマゴ

エノハの由来譚とその特徴

大分に伝わるエノハ由来譚は、弘法伝説のような話型を持ったものとなっています。超常的な物の介入による地域への福到来と言えるでしょう。こういった話が伝わるのも、ヤマメやアマゴ達が当時の人々の日々の生活に近かったことを示す材料とも云えます。
ヤマメ・アマゴ

ニジマス(虹鱒)・スティールヘッド

ニジマス・スティールヘッドは、国内での一般的な認知度としてはトラウト類の中で最も高い魚かも知れない。養殖のしやすさもあってか、釣り人ですらトラウトファン以外は外来種だと思っていない節さえある。それでも、入門に食用にと活躍している魚であるのは事実。
ヤマメ・アマゴ

イワナ(岩魚)・アメマス

イワナも地方名多くタンブリ、キリクチ、ゴギなどがあげられる。ただしそれ以上に地域毎、下手をすれば谷毎に大きくその姿を変え、日本だけでもニッコウイワナ、ヤマトイワナ、ゴギなど亜種が多いのも釣り人を惹きつける魅力だろう。降海型はアメマスと呼ばれる。
ヤマメ・アマゴ

ヤマメとサクラマス

エノハ、マダラ、ヤマベ、ヒカリなどの地方名を持つヤマメとサクラマスの生態とライフサイクルを纏めています。アマゴに比べて一般的に名の通りが良く、両方合わせてヤマメと表現するような状況でもある。また、一部無斑アマゴについても触れています。
ヤマメ・アマゴ

アマゴとサツキマス

アマゴはアメゴ・エノハ・コサメ・アメノウオ・ヒラメなどと多くの地方名があり、各地で人々に親しまれてきたことが分かるだろう。またサツキマスは長良川が有名だが、点々とみることができるため、釣り人にとっては憧れの魚。そんな魚種の生態とライフサイクル。
ヤマメ・アマゴ

サケ・マス(トラウト類)の分類

サケ科の分類図とライフサイクルを紹介。ヤマメやアマゴの他ブラウントラウト、ニジマス、イワナ、イトウ、カラフトマス、ベニザケ、ギンザケ等々釣り人を捉えて離さない魚名が勢揃い。ヤマメとアマゴの親戚たちをチェックしておこう!
タイトルとURLをコピーしました