九州の渓流でエノハ(ヤマメとアマゴ)を探して彷徨います。地元情報の発信も♪

渓流茶房エノハ亭 

02-05 渓流釣行記録

ヤマメ求め日之影川(五ヶ瀬川支流)へ

投稿日:2016年5月23日 更新日:

穂先がポキ!
~2002年第4話~

短気は損気」と昔から言われていること。
しかし、釣り人には短気の人こそ向いていると言われています。そうそう、癇癪もちの人は短気とは言わないのかもしれませんね(泣!)

昔々、玉来川でな、穂先に天上糸がもとぐった釣り人がいたそうな。
その釣り人はな、最初は普通の表情で糸をほどこうとしていたみたいじゃったが、なかなかとけんじゃった。するとな、みるみる顔つきが真っ赤になっていきよったと。

そしての、「あ~!」だの「ちっきしょ~!」だの、奇声が谷間に響き始めた時のことじゃった。
『ポキ』っちゅう音がしての、そん男の顔つきが真っ青に青ざめたっちゆうことじゃ。

むかしまっこう、ほんまっこう。
坊主の頭とうそは、なかなかゆえんぞ。

見立渓谷写真=みやざき観光情報 旬ナビより

スポンサーリンク

初夏の日之影川にて

さて、5月11日はW・チンの字両君と3名で宮崎県の五ヶ瀬川水系の支流日之影川に出かけました。午前6時頃から、下流部の大場にはW君、C&R区間には私とチンの字との2手に分かれて入渓。
下流部のW君は、ヤマメが1本だけだが9寸弱をゲットと、サイズに恵まれた。

日之影川の支流

※以下は、2016年5月23日追記分

前段の「ボキ!」がどのように関連していたかは記憶にないが、渓峰の穂先を折っていたためにハヤ竿を使用した記憶があります。私の場合は折れたではなく大抵が自分で折ってました(笑!)。

最近は丸くなっているので、折ってませんが海では良く折ってます><

満足行く1本と笑顔
上流部C&R区間の2人は、最長でも7寸位のヤマメまでが、合わせて30本ほどが釣れた。サイズの割には体高もあり、パーマークも美しいエノハと出会えて満足の釣りとなった。

日之影ヤマメC&R区間にて

ちなみに、この日はハヤ竿の5.3mを使用のため、元気のいいエノハは寄ってくれない。抜いてもいいのだが手ごたえも楽しみたく、場所を荒らすほどの手ごたえにも満足。しかしチンペー君は「抜いてくださいよ~!」、と多少不満顔。

この差は…
昼からは小谷へと転進

さて、この日の昼からは釣果はよくなく、3時過ぎに一人で支沢に入ってみることにした。1kmほど遡行してはみたものの、アブラメだけしか顔を見せてくれなかった。

しかし、水のきれいさと時折あらわれるナメや壺が目を楽しませてくれた。かなり細い沢は釣果にかかわらず、上がってみたくなる私。岩魚じゃないのに、などと思いながらも、ずんずん上がるのが大好きです。

日之影川の小さな谷

夏エノハを前にして対策はあるのか?

夏を迎えて、エノハも元気になってます。広がるエノハの活動範囲を読まなくては、釣果はあがるはずもない。活動範囲を読めない私の苦戦は必至か?

さてさて7月以降は、大野川や祝子川に出張予定ですが果たして・・・。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-02-05 渓流釣行記録

Copyright© 渓流茶房エノハ亭  , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.