釣りとアウトドア

エノハの渓へ(旧釣行記)

大分川のエノハは渋い状況、しかしW谷の主と初遭遇

2004年エノハの渓へ第3話。大分川のエノハを狙いに、解禁以降執り憑かれたかのように通いこんだ。そんなある日友人の竿に大物が…。このW谷の主との初遭遇も忘れ難きものとなっています。
エノハの渓へ(旧釣行記)

渓流釣り解禁日に、尺物エノハと源流の美形アマゴ

2004年エノハの渓へ第2話は、大分川での解禁釣行。前日は午前2時まで仕事をしてから急いで準備を進め、エサを買い午前5時にチンの字と合流して釣り場へ。尺エノハに美形の源流アマゴも釣れた一日となりました。
エノハの渓へ(旧釣行記)

木郷滝自然つりセンターにてニジマスと大山女魚

渓流解禁前の腕慣らしとして、九州では人気の管理釣り場「木郷滝自然つりセンター」へと出撃。引きの良いニジマスと50cmを超える大山女魚が2本、うち1本は網ですくったものでしたw 2004年エノハの渓へ第1話。
エノハの渓へ(旧釣行記)

禁漁前の最終日に大分川のアマゴ釣りを満喫

2003年エノハの渓へ第8話。禁漁前の釣行では小さいながらも金色に輝く美しいアマゴをチンの字のおかげで目にすることができました。本人は最後の最後でばらしてしまい、まぁ締まらない1年になったということです。
エノハの渓へ(旧釣行記)

雷鳴と笑い声 北川水系のエノハ散策

2003年エノハの渓へ第7話。北川のエノハ釣り場開拓と洒落こんだものの朝の内は雷雨に祟られた。その後は雷は止んだものの雨の中で釣りを強行し大型の引きが竿を絞ったもののバラシ。かなり悔やんだ出来事になりました。
エノハの渓へ(旧釣行記)

アマゴの尺越えにハヤ竿で遊ばれる♪ 源流から転進したポイントで

2003年エノハの渓へ第6話。別に細糸釣法ではないもののハヤ竿でのアマゴ釣りはお気に入り、取り込みに苦労させられながらもなんとか尺物をゲットすることが出来ました。この頃は0.2号くらすまでならつかってましたね。
エノハの渓へ(旧釣行記)

ニジマスの尺越えを同行者がゲット! 道具は全て私のもの…

2003年 エノハの渓へ第5話。大分川某支流部の中級者以上向けのルートは雨の増水でかなりハードだった。そんな釣行で道具にタモも全て川に流された釣友が最後に仕留めたのが30cmオーバーのニジマスだった…。
エノハの渓へ(旧釣行記)

七瀬川の幅広エノハ釣り 連日の入渓の結果はどうなる?

2003年エノハの渓へ第4話。大分川水系の七瀬川に連続して入渓し幅広エノハと遊んできました。前日に逃したであろう魚をきっちり翌日に仕留めたはず♪ まぁすべてリリースです。
エノハの渓へ(旧釣行記)

渓流釣りで使うエサ各種紹介と久々の良型アマゴ

2003年エノハの渓への第3話をお届け。イノシシの足跡とイヤァな匂いにビビりながら、暖かくなった七瀬川にてアマゴを釣ってまいりました。
エノハの渓へ(旧釣行記)

大分川の各支流・源流にてアマゴ散策の日々

2003年エノハの渓へ第2話。大分川支流の七瀬川を中心に足を延ばしながら各支流を巡ってアマゴ釣りとポイント調べ、釣れたり釣れなかったり、渓流デビューの友人が居たりと楽しい年になりそうです。
タイトルとURLをコピーしました