不土野川 耳川支流渓流釣り開拓マップ

スポンサーリンク
不土野川の渓流釣り

不土野川は日向椎葉湖へ北流して出会う耳川の支流。不土野橋のT字路を南へと進めば、里川に近い雰囲気の渓流釣り場が広がっている。

今回は不土野橋方面から釣り上げることを想定したマップとなります。

不土野川マップ

不土野川渓流マップ

不土野川と耳川合流点から古枝尾間の県道142号線沿いは谷が迫っている。入渓及び釣りやすさで云えば古枝尾から上流の本流筋が主となる。

この不土野川や東の尾根を越えた小崎川は、尾前方面や十根川よりも穏やかな印象を受ける川で、渓流釣り初心者でも手軽に楽しめるだろう。

※大岩屋谷、フネゴウ谷は全面禁漁。
※中尾谷は中尾集落上流域が禁漁。

不土野川中流域の渓相

不土野小学校手前から左折すれば迫茶園を抜けて小崎川方面へと至る道がある。その橋からの渓相を紹介しておく。

不土野川各支谷の印象

不土野の源流域にあたる山の戸谷と金山谷や折戸方面の全域では荒れが目立つように感じる。航空写真や国土地理院の地図でも分かるけれど、不土野上から山の戸集落辺りまではかなりの砂が出ているのが分かるだろう。

未入渓であるが、中尾谷の一つ下流で不土野川に交流する轟谷は気になる。標高850mから1000mのラインで一気に谷が狭まってきており、一息ついたあたりで逃げのルートに合流できる、むむむ行ってみたい。あ、ヤマメは釣れたらいいなと思う程度なのであまり参考にはなさらずにw

開拓用絵図等について

書き込み等ができるようにできるだけ空白を開けていますので、印刷して日付や釣果(数やサイズ、天候、時間闘)をメモしておくと便利かもです。
A4用紙サイズに調整してます、不具合などありましたらお知らせください。

国土地理院地図を参考に作成しています。

釣行時の事故等については責任を負いかねますので、安全な計画及び行動をお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました