小崎川 耳川支流渓流釣り開拓マップ

スポンサーリンク
小崎川の渓流釣り

小崎川は南から上椎葉ダム(日向椎葉湖)本体部分に合流する耳川の支流。県道142号線から堤体の上を通過し、国道265号線を南へ向かうと臼杵俣川との合流点付近から渓流釣り場が連続する。

小崎川 渓流開拓マップ

小崎川マップ

※くうりば谷は全面禁漁。
※小崎谷は小崎神社より上流は禁漁。
※最源流の葛原橋上流砂防ダムより上流は全面禁漁。

全体的になだらかな渓相を持つ川で渓流釣り初心者にも釣りやすいと言えるだろう。護岸がいき渡った最近の里川でない、昔ながらの里川の雰囲気が残る釣り場で癒されるのも良い。

臼杵俣川との合流付近

上写真の箇所を道なりに進めば小崎川上流へと進める。臼杵俣川にチョッカイをかけるならば直進することになる。

国道はほぼ川沿いに走っているので、ポイントを時折確認しながら釣り場を探せる。

小崎川の源流付近

小崎川の源流へは、この橋を渡り終えて右に向かう。
次の葛原橋上手の砂防ダムから上流は禁漁区。

臼杵俣の分岐からは道が良い箇所も多く、ポイント選びに迷っているとすぐにこの地点まで来てしまう(経験者談w)ので、決断は早めが良いだろう。

開拓したい沢

国土地理院地図では水線がないためマップにも記してはいないが、つづら原の対岸から合流する支谷がある。
入渓の経験はないものの水量も存外あった記憶はあるし、規模にしては懐もありそうで流入する流れもある。
1234側か1266側のどちらに進むかは現場次第だが、後者の方が曲折部も見られるので期待ができるかもしれないし、最悪詰め上がれば逃げ道も見える♪

もちろん川の口上と下の間の谷や東又谷も面白そうだ。

開拓用絵図等について

書き込み等ができるようにできるだけ空白を開けていますので、印刷して日付や釣果(数やサイズ、天候、時間闘)をメモしておくと便利かもです。
A4用紙サイズに調整してます、不具合などありましたらお知らせください。

国土地理院地図を参考に作成しています。

釣行時の事故等については責任を負いかねますので、安全な計画及び行動をお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました