耳川源流尾前方面 渓流釣り開拓マップ

スポンサーリンク
耳川源流 尾前地区

宮崎県椎葉村耳川源流域の尾前上下流域はヤマメ・サクラマスの好釣り場。渓流釣りを満喫できる好ポイントが連続する人気の場所。

現在は道も良くなり九州北部からも時間的に近くはなったけれど、民宿やグリーンツーリズムの施設を利用してのんびりと渓流を楽しむ方法もお勧めしたい。

椎葉村尾前方面 渓流釣り開拓マップ

耳川 尾前方面絵図

※①の春山谷は全面禁漁。
※②の倉ノ迫谷は全面禁漁。
※堺谷は国土地理院の表記に従った、google mapなどでは境谷ともある。

椎葉村尾前地区へのルートには熊本県水上村側から県道142号線の峠越えもあるが、今回は十根川への未練を断ち切ってw上椎葉からのルートで紹介しよう。

特に土日は人出も多いので、支沢に逃げる場合も考えて竿は長短準備しておくほうが良いと思う。

上椎葉から尾前へ向かう

諸塚や高千穂方面からの場合、上椎葉へと国道265号線を西進し椎葉大橋手前を右折し県道142号線へ。日向椎葉湖を左手にしつつ上流を目指す。

不土野橋にてT字路(上地図㋐地点)となるので右折すれば尾前方面の道となり、この先は渓流釣りのポイントばかり。初めての場合は本流筋を中心に攻めたいものの目移りするポイントが連続するだろうので、どこかで気軽に入渓しよう。

ただし駐車場所には注意しておこう。

水無川合流から平畑、湯田の元方面へ

水無川との合流前後(上地図㋑地点)も好ポイントで、目印は左に見えてくる赤ポスト。

橋の左手前すぐに不土野簡易郵便局があるので、水無川を攻めるには左折して上流へ向かう。

上の小屋谷

イワナの密放流で有名となった感があるのがこの上の小屋谷。
小さいので少し見づらいかも知れないが、右道路(上地図㋒地点)進行方向に橋があり上の小屋谷との合流点。上流への道は現在通行止めとなっている。

下記の国土地理院地図からルートを確認しつつ遡行を楽しんでいただきたい。

堺谷橋より上流へ

※堺谷は国土地理院の表記に従った、他では境谷ともある。

耳川の最源流域となるのが境谷キャンプ場(上地図㋓地点)から上流だが、やっとここで尾前方面の中盤過ぎほど。すぐ先の分岐を左に選べば源頭方面への道となる。

地図を見えてもらえばわかるように、堺谷橋より上流の本流には堰堤が連続するので区間を釣るのか思い切って上を目指す、もしくは沢に入るかの選択となるだろう。

沢屋でも遡行を楽しめる沢もあるので、本流大物以外の釣り場も開拓してほしいと思う。

開拓用絵図等について

書き込み等ができるようにできるだけ空白を開けていますので、印刷して日付や釣果(数やサイズ、天候、時間闘)をメモしておくと便利かもです。
A4用紙サイズに調整してます、不具合などありましたらお知らせください。

国土地理院地図を参考に作成しています。

釣行時の事故等については責任を負いかねますので、安全な計画及び行動をお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました